青木亭では全店で純水を使用しています!




純水とは?

純水とは水道水などの水に含まれる4つの不純物(無機物、有機物、微粒子、微生物)を除去した 水を指し、限りなく水の分子だけにした「水」を指します。それは、水の安全性を追求して作り出された水であり、安全•安心で、まろやかなおいしい水として近年、世界中で飲まれています。
 

純水を作り出すR.O.逆浸透膜技術とは?

青木亭の純水は、R.O=Revers OsmosisというアメリカのNASAでも使用されている最新テクノロジーを、駆使して開発した「高純水」を作る浄水器を使用してご提供しております。R.O.とは逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)と言われ、その純水技術は水道水に含まれる不純物を、ほぼ完全にシャットアウトしています。近年、宇宙ステーション、国際サミットなどで使用され、世界で最も安全性の高い水を作り出す純水浄水器として高い評価を得ています。





青木亭が純水を使用する訳
青木亭では、近年騒がれている「食の安全性」を考え、素材、調理、など食に関わる全ての安全面を見直した結果、人間にとって最も重要な水にも着目しました。商品の仕込みはもとより、お客様にご提供する「おひや」にもこだわりを持ち、小さなお子さま含めた全てのお客様に安心して飲食していただきたい、との想いから逆浸透膜浄水器を全店で導入しました。
 



安全でおいしくなった青木亭の純水
青木亭でお出しする水は、逆浸透膜を使用した純水なので、通常の浄水器を用いた水よりも、さらに安全で、おいしく、飲みやすさを感じていただけます。

純水仕込みでごはんもおいしく
青木亭では純水でお米をとぎ、炊き込んでいます。純水を使う事で、お米がもつミネラル、旨味を最大限に引き出し、つやがあり甘みがあるごはんに仕上がります。

素材本来の旨味を引き出す純水スープ
青木亭の純水で作られたスープは、豚骨、豚の背脂などの素材本来の旨味を引き出します。

ほぼ全ての調理に純水を使用
青木亭では他にも、メンマ、餃子など、各素材の仕込み•調理にも純水を使用しています。

      R.O.逆浸透膜の実力
ー 不純物除去率でみる逆浸透膜方式の性能 ー

逆浸透膜システムの認証•認定状況
●厚生労働省「乳児対策浄水器」認定
●米国水質協会認定
●国際衛星財団(NSF)認証
●全省庁統一資格取得(衆議院、参議院、内閣府、その他行政組織)
●全国200カ所の浄水システムで使用